Platinum Kubera FX 2ch評価

Platinum Kubera FX 2ch評価

Platinum Kubera FXについて検証をしているブログがたくさんある中で、私のブログに興味を持っていただいてありがとうございます!

このブログでは、これまで100万円を軽く超えるFX商材を実際に入手して検証して帰化経験をもとに、Platinum Kubera FXをできるだけ客観的に評価するように努めています。

fxsyouzai

また記事の最後では、他のブログでは手に入らない限定特典も用意をしているので、ぜひ最後まで楽しんでいただけたらと思っています。




■Platinum Kubera FX検証

Platinum Kubera FXのような自動売買(EA)は過去にもありました。実際に作者の石塚勝博さんは、過去に「Platinum Turbo FX」「Turbo FX」という自動売買を発表しています。

どちらも自動売買として一定の成績を出せるようになっているだけじゃなく、裁量判断を加えることで、さらに成績を伸ばせる仕組みになっています。



自動売買で手堅く利益を確保しつつ、裁量トレードで月利をさらに高めたり、裁量トレードのスキルアップもできるという一石二鳥、一石三鳥の使い方ができます。

Platinum Kubera FXでも、この考え方が継承されていて、自動売買としても優秀な成績を上げると同時に、どんな風に裁量を加えると利益を増やせるのか?具体的な裁量ノウハウまで紹介されています。



ロジックがすべて公開されているからこそ、至れり尽くせりの仕上がりとなっているわけですが、他にもPlatinum Kubera FXでは注目してもらいたい点がいくつもあります。
その中で特に注目すべきポイントを2つに絞ると、


・PFも勝率も高すぎない

・サポートがある



という点があります。



まず、自動売買を選ぶ際に根本的に気を付けなければいけないのは、信頼できるパフォーマンスを発揮してくれるのかどうか?です。

検証期間が十分に長いこと(少なくとも1年以上)は最低条件で、それに加えてPF(プロフィットファクター)や勝率があまり高すぎないかどうかにも気を配るべきです。



PFとは、検証期間中の累積利益を累積損失で割ったもの。PFが1以下だと運用成績がマイナスなので話になりません。PFが高ければ高いほど、ハイパフォーマンスを発揮しているわけですが、2を大きく超える場合には注意が必要です。




自動売買があたかも、抜群の成績を出しているように見せかけるために、PFが異常に高くなるように、内部パラメーターを過剰に調整している疑いが出てくるからです。

カーブフィッティングと呼ばれるんですが、検証期間中の成績が良くなるように見せかけて、売れやすくしようとする販売者も過去には数えきれないほどたくさんいました。



カーブフィッティングされた自動売買だと、検証期間以外では、さっぱり利益を出せないものばかり。運用を続ければ続けるほど損失が積み重なる危険が高くなります。



Platinum Kubera FXはその点、PFはドル円5分足で1.07、ドル円1時間足で1.27など低めの数字になっています。カーブフィッティングしているとはとても思えない数値なので安心感を持てます。

勝率に関しても、50%前後と、決して良い数字とは言えません。PFと同じく、カーブフィッティングをして、勝率を異常に高めている疑いが全くないですね。




Platinum Kubera FXのポイント2つ目は、やはりサポートの手厚さです。前作のPlatinum Turbo FXでも、発売以降、サポートには非常に定評がありました。

自動売買を動かすうえで、困ったことがあれば徹底的に面倒を見てくれますし、裁量トレードに関するアドバイスも、光学塾に負けない濃さがありました。



Platinum Kubera FXでは、さらにサポート体制を充実させていると言いますから、むしろ、ちょっとでも困ったことや不安に感じたことがあれば、どんどんサポートに連絡をしましょう。

特に裁量トレードに関しては、すでに勝っている人にアドバイスしてもらうのが、最短距離でスキルアップできますよ。



最後に、このブログを通じてPlatinum Kubera FXを申し込んでいただいた場合の特典を紹介しますね。







当ブログ限定特典付きでPlatinum Kubera FXを試しに使ってみるにはこちら











Platinum Kubera FXのような自動売買プログラムを使い始める際に気を付けてもらいたいのは、成績が落ち込んだからと言って、自分の判断で運用を止めてしまわないことです。
自動売買の真価というのは、長く使い続けなければわかりません。どんなに優秀なプログラムであっても、成績が一時的に悪くなってしまうことは想定の範囲内です。

その後に成績を着々と盛り返していく時期に入って行くものだし、実際にPlatinum Kubera FXでは10連敗くらいは過去に何度も発生しています。
ポンド円5分足の最大ドローダウンはそれでも20%以内に収まってます。どんなに損失が大きくなっても20%以上大きくなる心配はほとんどありません。

イギリスのEU離脱を超えるような歴史的な変動が起きることがない限り、Platinum Kubera FXは、検証期間以上のパフォーマンスを発揮してくれる可能性が高いですよ。


簡単に?!ペイオフの内容⇒残念なことに発生した金融機関の破綻に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護の対象となった個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事です。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会、この協会では協会員である金融機関の行う株券など、有価証券の取引(売買の手続き等)を厳正で円滑なものとし、金融商品取引業が健全なますますの成長を図り、出資者の保護を目的としているのです。
巷で言われるとおり、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が独自のファンドを作って、それを健全な運営を続けるためには、考えられないほど本当に数の「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が事細かに規則により求められているのであります。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省(現財務省)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を統合させて平成10年に発足した金融監督庁を金融庁という新組織として再組織した。翌年の2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
抑えておきたいポイント。株式とは、債権ではなく出資証券(有価証券)なので、その株の企業は出資した者への出資金等の返済しなければならないという義務は負わないから注意を。またさらに、株式は売却によって換金できる。
いずれにしても「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上の3つの機能を通常銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務、最も大切な銀行自身が持つ信用によって機能しているものなのである。
Y2Kともいわれた平成12年7月、旧大蔵省から金融制度の企画立案に係る事務を移管したうえで金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を新組織、金融庁に再組織した。さらには平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
2007年に誕生したゆうちょ銀行によって取り扱われている貯金などのサービスは古くからの郵便貯金法による「郵便貯金」としてではなく、一般的な金融機関と同じ、銀行法による「預貯金」を適用した商品である。
預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)の預金保護のための補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円以内(但し決済用預金は全額)"と規定されている。この機構は日本政府、民間金融機関全体がそして民間金融機関全体の三者ががそれぞれ3分の1ずつ
普段使っているバンクという言葉はイタリア語のbancoに由来である。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行の名は600年以上も昔、15世紀の頭に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行であるという。
知ってますか?外貨預金というのは銀行で扱っている資金運用商品の一つを指し、米ドルなど外国通貨で預金をする事です。為替変動による利益を得られる可能性があるけれども、同時に損をするリスクもある(為替リスク)。
要は「失われた10年」というのは、どこかの国の、または地域における経済活動が約10年もの長期にわたって不況、加えて停滞に襲われていた時代のことを指す言い回しである。
説明:「失われた10年」→どこかの国の、または一定の地域の経済がほぼ10年以上の長きにわたる不景気と経済成長の停滞に襲い掛かられた時代のことを指す語である。
昭和21年に設立された日本損害保険協会は、わが国の損害保険業や協会員の健全な進展さらに信用性のさらなる前進を図る。そしてそれによって安心・安全な社会を実現させることに寄与することを目的としているのです。
覚えておこう、ペイオフとは?⇒起きてしまった金融機関の経営破綻による破産の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護できる預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度である。

↑このページのトップヘ