覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、国債など公社債や短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)という仕組み。取得して後30日未満で解約する場合・・・これは手数料に罰金が上乗せされるのである。
覚えておこう、バブル経済(バブル景気・不景気)っていうのは時価資産(例:不動産や株式など)が取引される価格が過剰投機によって実際の経済成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指します。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から金融制度の企画立案の事務を移管し約2年前に発足した金融監督庁を新組織、金融庁に再組織した。翌2001年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったのである。
覚えておこう、バブル経済(80年代から91年)ってどういうこと?市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)の市場価格が過度の投機により経済の成長を超過してもなお高騰し続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指します。
覚えておこう、外貨預金とは、銀行が扱っている外貨建ての資金運用商品のこと。米ドルなど外国通貨で預金をする商品である。為替レートの変動によって発生する利益を得られる可能性があるけれども、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。
つまり「失われた10年」というのは、ある国全体であったりある地域における経済がほぼ10年以上の長きにわたる不景気と経済成長の停滞にぼろぼろにされた時代のことを指す言い回しである。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法によって保険会社と呼ばれるものは生命保険会社か損害保険会社のどちらかになり、いずれの会社も内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社以外は実施できないとされている。
つまり外貨MMFの内容⇒国内でも売買が許されている外貨商品。外貨預金に比べると利回りがかなり高いうえ、為替変動によって発生した利益が非課税だという魅力がある。証券会社で購入可能。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに従って、保険を販売する企業は生命保険会社か損害保険会社に2つに分かれることになった。いずれの形態であっても内閣総理大臣による免許を受けている会社を除いて行ってはいけないのです。
金融機関の格付けを使用するメリットは、わかりにくい財務に関する資料から財務状況を読み取ることができなくても評価によって知りたい金融機関の財務に関する健全性が判別できる点にある。ランキング表を使えば複数の金融機関を比較することも可能となる。

平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によるサービスの多くは郵便貯金法(昭和22年-平成19年)による「郵便貯金」としては取り扱わない。民営化後は銀行法によって定められた「預貯金」に基づく扱いのサービスなのです。
こうして日本の金融市場等での競争力を強化することを目的とした規制緩和だけではなく、金融制度のますますの質的向上の実現を目指す取組や試みを積極的に実施する等、市場環境に加えて規制環境の整備が推進されているということ。
日本を代表する金融街である兜町
金融機関の格付けを使用する理由(魅力)は、膨大な財務に関する資料の理解が不可能であっても評価によって金融機関の経営状態が判断できるところにある。ランキング表で2つ以上の金融機関の健全性を比較することも可能なのだ。