簡単に?!ペイオフの内容⇒残念なことに発生した金融機関の破綻に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護の対象となった個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事です。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会、この協会では協会員である金融機関の行う株券など、有価証券の取引(売買の手続き等)を厳正で円滑なものとし、金融商品取引業が健全なますますの成長を図り、出資者の保護を目的としているのです。
巷で言われるとおり、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が独自のファンドを作って、それを健全な運営を続けるためには、考えられないほど本当に数の「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が事細かに規則により求められているのであります。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省(現財務省)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を統合させて平成10年に発足した金融監督庁を金融庁という新組織として再組織した。翌年の2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
抑えておきたいポイント。株式とは、債権ではなく出資証券(有価証券)なので、その株の企業は出資した者への出資金等の返済しなければならないという義務は負わないから注意を。またさらに、株式は売却によって換金できる。
いずれにしても「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上の3つの機能を通常銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務、最も大切な銀行自身が持つ信用によって機能しているものなのである。
Y2Kともいわれた平成12年7月、旧大蔵省から金融制度の企画立案に係る事務を移管したうえで金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を新組織、金融庁に再組織した。さらには平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
2007年に誕生したゆうちょ銀行によって取り扱われている貯金などのサービスは古くからの郵便貯金法による「郵便貯金」としてではなく、一般的な金融機関と同じ、銀行法による「預貯金」を適用した商品である。
預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)の預金保護のための補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円以内(但し決済用預金は全額)"と規定されている。この機構は日本政府、民間金融機関全体がそして民間金融機関全体の三者ががそれぞれ3分の1ずつ
普段使っているバンクという言葉はイタリア語のbancoに由来である。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行の名は600年以上も昔、15世紀の頭に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行であるという。
知ってますか?外貨預金というのは銀行で扱っている資金運用商品の一つを指し、米ドルなど外国通貨で預金をする事です。為替変動による利益を得られる可能性があるけれども、同時に損をするリスクもある(為替リスク)。
要は「失われた10年」というのは、どこかの国の、または地域における経済活動が約10年もの長期にわたって不況、加えて停滞に襲われていた時代のことを指す言い回しである。
説明:「失われた10年」→どこかの国の、または一定の地域の経済がほぼ10年以上の長きにわたる不景気と経済成長の停滞に襲い掛かられた時代のことを指す語である。
昭和21年に設立された日本損害保険協会は、わが国の損害保険業や協会員の健全な進展さらに信用性のさらなる前進を図る。そしてそれによって安心・安全な社会を実現させることに寄与することを目的としているのです。
覚えておこう、ペイオフとは?⇒起きてしまった金融機関の経営破綻による破産の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護できる預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度である。