Platinum Kubera FXについて検証をしているブログがたくさんある中で、私のブログに興味を持っていただいてありがとうございます!

このブログでは、これまで100万円を軽く超えるFX商材を実際に入手して検証して帰化経験をもとに、Platinum Kubera FXをできるだけ客観的に評価するように努めています。

fxsyouzai

また記事の最後では、他のブログでは手に入らない限定特典も用意をしているので、ぜひ最後まで楽しんでいただけたらと思っています。




■Platinum Kubera FX検証

Platinum Kubera FXのような自動売買(EA)は過去にもありました。実際に作者の石塚勝博さんは、過去に「Platinum Turbo FX」「Turbo FX」という自動売買を発表しています。

どちらも自動売買として一定の成績を出せるようになっているだけじゃなく、裁量判断を加えることで、さらに成績を伸ばせる仕組みになっています。



自動売買で手堅く利益を確保しつつ、裁量トレードで月利をさらに高めたり、裁量トレードのスキルアップもできるという一石二鳥、一石三鳥の使い方ができます。

Platinum Kubera FXでも、この考え方が継承されていて、自動売買としても優秀な成績を上げると同時に、どんな風に裁量を加えると利益を増やせるのか?具体的な裁量ノウハウまで紹介されています。



ロジックがすべて公開されているからこそ、至れり尽くせりの仕上がりとなっているわけですが、他にもPlatinum Kubera FXでは注目してもらいたい点がいくつもあります。
その中で特に注目すべきポイントを2つに絞ると、


・PFも勝率も高すぎない

・サポートがある



という点があります。



まず、自動売買を選ぶ際に根本的に気を付けなければいけないのは、信頼できるパフォーマンスを発揮してくれるのかどうか?です。

検証期間が十分に長いこと(少なくとも1年以上)は最低条件で、それに加えてPF(プロフィットファクター)や勝率があまり高すぎないかどうかにも気を配るべきです。



PFとは、検証期間中の累積利益を累積損失で割ったもの。PFが1以下だと運用成績がマイナスなので話になりません。PFが高ければ高いほど、ハイパフォーマンスを発揮しているわけですが、2を大きく超える場合には注意が必要です。




自動売買があたかも、抜群の成績を出しているように見せかけるために、PFが異常に高くなるように、内部パラメーターを過剰に調整している疑いが出てくるからです。

カーブフィッティングと呼ばれるんですが、検証期間中の成績が良くなるように見せかけて、売れやすくしようとする販売者も過去には数えきれないほどたくさんいました。



カーブフィッティングされた自動売買だと、検証期間以外では、さっぱり利益を出せないものばかり。運用を続ければ続けるほど損失が積み重なる危険が高くなります。



Platinum Kubera FXはその点、PFはドル円5分足で1.07、ドル円1時間足で1.27など低めの数字になっています。カーブフィッティングしているとはとても思えない数値なので安心感を持てます。

勝率に関しても、50%前後と、決して良い数字とは言えません。PFと同じく、カーブフィッティングをして、勝率を異常に高めている疑いが全くないですね。




Platinum Kubera FXのポイント2つ目は、やはりサポートの手厚さです。前作のPlatinum Turbo FXでも、発売以降、サポートには非常に定評がありました。

自動売買を動かすうえで、困ったことがあれば徹底的に面倒を見てくれますし、裁量トレードに関するアドバイスも、光学塾に負けない濃さがありました。



Platinum Kubera FXでは、さらにサポート体制を充実させていると言いますから、むしろ、ちょっとでも困ったことや不安に感じたことがあれば、どんどんサポートに連絡をしましょう。

特に裁量トレードに関しては、すでに勝っている人にアドバイスしてもらうのが、最短距離でスキルアップできますよ。



最後に、このブログを通じてPlatinum Kubera FXを申し込んでいただいた場合の特典を紹介しますね。







当ブログ限定特典付きでPlatinum Kubera FXを試しに使ってみるにはこちら